愛輪会の歴史



OB会開催記憶    第1期卒業生 谷 則夫

*****************************************
OB会が開催され、話す機会が与えられる度にOB会設立の経緯は話して来たつもりでしたが、なにせ、懇親会前の「早く飲みたい」あるいは「すでにできあがってしまった」後の話だから、恐らく皆さんの記憶には残っていないと思われます。今回、サイクリング部OB会ホームページ立ち上げに際して、OB会長の石川さんより要請をいただいた事もあり、私の記憶を整理し、公開する事としました。私も転勤族として東京方面にいた時代はOB会をご無礼した年も多く、ぜひ皆さんの記憶・資料を発掘していただいて、この「開催記憶」が「開催記録」となるようご協力をお願いいたします。


*****************************************
★なぜ、現役部員によるOB会が主催され続けていた時代があったのか?

昭和50年、サイクリング部(当時は同好会)初の卒業生が誕生する事になりました。 そして、卒業に際しては「OB会をやろう」「開催時期は社会人として慣れたであろう半年後」 「OBだけ集まっても、たかだか5人じゃおもしろくないから在校生と一緒にやろう」 「ついては、OBはバラバラになってしまうのだから、在校生が幹事となって開催してほしい」 てなお願いを託して我々は巣立っていきました。

*****************************************
★なぜOB会をOBの手で運営するようになったのか?

あまりの出席者の少なさに、返信状況を見せてもらったら、欠席だらけ、そして返信すら来ない人も かなりの数。宛名不明も多く、名簿の更新は出来ていなかった。聞けば昨年の「ケッタ」名簿に卒業生 を加えているだけの名簿を活用していたのである。これをヅーと受け継いで来たらしい。 そしてOB会開催に伴う通信費等は大学祭の売上から捻出しているとの事であった。私が卒業した頃 のような、出席者の会費の中から通信費等を賄える規模では無くなっていたのだ。 さらに、OB会開催案内時にOB会費と称した「ケッタ」の販売も、(私も東京時代に立ち切れたように) 希望者はごく僅かで、OB会は在校生の負担の上で成り立っていた事を知らされた瞬間であった。 これでは、見ず知らずのOBがノコノコ顔を出しても歓迎される筈が無い。 そこで、私が勤めている会社の前が、53年卒柴田さんの自宅という地の利を生かし、昨年より温め始めた「OBの手によるOB会」実現に向け、彼を巻き込んで動き出したのであった。

********************************************
★そして感謝

入学した当時にはサイクリングが無かった為、既存の他のクラブに所属していた時期もあったが、 無いなら自分たちで作ってしまえと、当時のバイコロジブーム(バイスクールとエコロジーの合成語) の追い風を受けて設立したのであった。 愛好会から出発したサイクリングには補助金も部室も無く、会合は哲学の森や空き教室を見つけて 行っており、先輩たちが築いた地盤を当たり前のように享受して活動しているクラブが羨ましくもあった。それから30年。活動は連綿と引き継がれ、今や、当時羨ましく思った他のクラブと引けを取らないまで の歴史を積み、かつ成長して来た。 そしてOB会もクラブに遅れる事2年で同様に続いている。 特筆すべきはサイクリングOB会が1度も欠かす事無く毎年続いて来た事である。 この連続記録は、サイクリング部よりも歴史のある他のクラブでもありえないのでは無いだろうか? 「先輩たちがサイクリング部を作ってくれたお陰で今の我々があるんです」と言ってもらえる事もあるが 逆に私からすれば「皆さんが連綿と引き継ぎいで来てくれたからこそ、今もクラブがあり、部室にも 訪れることができ、そしてOB会もこうして毎年開かれているんですよ」とこちらのほうが感謝したい位の 気持ちである。 在校生がOB会を開催してきてくれた事が長続きした秘訣だと思われるが、もう、これだけ続いてしまう と、続ける事にも意義が出てくるような気がする。1度でも中断すれば、後はどんどんと後退してしまい、 再度立ち上げる時の苦労は並大抵のものでは無いのではないだろうか。 その為にも、そして「今はOB会に縁が無くても、いつか昔を振り返りたい年になった時」でも、暖かく 迎えられるよう存続し、開催し続けてゆきたいと思う。